古物商.com
  許可申請を支援するサイト
   
 
 古物商 要件の確認
 古物商 書類の取り寄せ
 古物商 書類の作成
 古物商 提出・補正
 古物商 許可
 古物商 営業開始
 古物商 お役立ちサイト

 古物商 このサイトについて  

古物商.comへようこそ!
当サイトでは、古物商許可取得に必要な情報を、法律知識の全くない方にもご理解いただけるよう極力優しい言い回しで公開しています。

中古品を売買するためには古物商の許可を取る必要がありますが、そのためには営業所を管轄する警察署を経由して各都道府県の公安委員会に対し申請しなければなりません。

そして古物商許可の申請をするには、2通りの方法があると思います。
@専門家を利用する。
A自分で頑張ってみる。

@かAか、どちらで申請を進めるかはあなたの自由です。

【@番、つまり専門家の利用をご検討されている方】

無料相談をご利用下さい

世の中に古物商許可について正しい知識のある方などほとんど存在しません。
ですからまずはとにかく無料相談をご利用下さい。
ご相談されることによって古物商許可に関する疑問点や不安をスッキリさせることができ、今後の方向性が見えてくると思います。
古物商の無料相談は全国どの地域の方でもご利用できます。
一般の方だけではなく、司法書士先生や行政書士先生からのご質問も大歓迎です。
 

古物商サポートについて

専門家のサポートをお考えであれば、全国対応(沖縄を除く)の古物商サポートを一度ご検討下さい。
古物商許可申請に必要な書類の作成・取寄せをさせて頂きますので、あとは署名・捺印して警察署へ書類を提出して頂くだけです。
また、警察署との事前打ち合わせもさせて頂いておりますので申請が非常にスムーズです。

古物商の許可申請を自分でしている時間がない、やっぱり良く分からない、面倒臭い、古物商の許可を確実に取りたい、警察とのやりとりが嫌、などと思われる方にお勧めのサービスです。
手数料はもちろんかかりますが、スムーズかつ確実に古物商許可を取得することができます。

安いだけの業者にご注意を

 


【A番、つまりご自身で頑張られる方】

古物商の許可申請を全てご自身で手続きされる方のために、当サイトでは書類の収集方法・記載方法・注意点などを詳細に書いてあります。
平日お時間に余裕があって粘り強い性格の方であれば、一つずつご自身で作り上げ申請することも不可能ではありません。
Step1.私は古物商を取れますか?より、順番に読んで下さい。

但し、ご自身で手続きをしたからと言って全く費用がかからないということではありません。
各種書類の発行手数料・交通費・通信費などの経費(数千円程度)と、公安委員会への審査費用(19,000円)は必ず発生しますので、あらかじめご準備されることをお勧めします。


分からないことなどあればお気軽に無料相談をご利用下さい。

【文章の表現や管轄警察の取り扱いについて】
当サイトは法律知識の全くない人でも古物商の許可申請ができるように、極力優しい言い回しで書いてありますので、厳密には書いておりませんことをご容赦下さい。
また、各地方の警察署によってはこのサイトに書かれてある情報と異なる独自の取り扱いをされている所もあるようですので、詳細は各管轄でご確認下さい。

当サイトへのリンクはフリーですのでご自由にどうぞ。
古物商業務に携わってらっしゃる先生からのご意見・ご質問も歓迎致します。


 古物商とは?  

中古品(一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品)を仕入れたり売ったりするためには、古物商の許可を受けなければなりません。
古物商許可を受けるためには、営業所を管轄する警察署を経由して、都道府県の公安委員会に対して申請をしなければなりません。
古物商許可を受けた人(や会社)だけが、中古品を売買できるのです。
ちなみに、無許可で古物の売買を行うと三年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられますから注意しましょう。

【古物商の良くある例】
○ネットオークションの副業で小遣い稼ぎ
○中古車屋さん
○貴金属買い取り
○金券ショップ
などなど

また、古物は次の13品目に分類されています。
(1)美術品類
(2)衣類
(3)時計・宝飾
(4)自動車
(5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類
(10)道具類
(11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍
(13)金券類
ご自身で扱いたい商品はどれなのか、事前に確認しておきましょう。



 古物商 個人or法人  

古物商の許可を取るにあたって、個人名義で取るのか法人(会社)名義で取るのかを先にはっきりさせておくべきです。
これは、古物を売買するときに取引をするのが個人なのか会社なのかで決めると良いでしょう。
例えば会社名義で売買しているのに、古物商許可を取っているのがその会社の社長個人名義ですと無許可営業になってしまいます。


 古物商 困ったときは  

このサイトを熟読して頂ければご自身で古物商許可申請ができると思いますが、どうしてもつまずいてしまったり面倒臭かったり時間がなかったりという事情がおありの方は、古物商の専門家へご相談・ご依頼下さい。
全国対応しております。


 古物商取得の流れ  



 古物商 要件の確認



 古物商 書類の収集



 古物商 書類の作成



 古物商 提出・補正



 古物商 許可



 古物商 営業開始





【サイト管理者】

行政書士 西村法務事務所
代表 西村清治
行政書士登録番号 03300597
神戸市中央区磯上通4丁目3-10-1106
tel : 078-597-6091
fax : 078-597-6092
mail@office246.com

西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 警察関係届出 | 遺産分割協議書 | 電気通信事業
神戸イベント